• このエントリーをはてなブックマークに追加

夜発の新幹線を利用してスノボに行く

現在若者の間でスノボは人気があります。かつてはスキーの人気が高かったですが、服装や滑っている恰好などがおしゃれなことから若者に人気が出るようになりました。大阪や東京に住む人たちが、スキー場に行くためにはツアーを利用する人が多いです。 ツアーを利用する人は多いのは、主に乗車する人が学生だからです。社会人になると自動車を購入し自分たちで行く人も多いですが、学生のうちはまだ自動車を購入することができないため、自分たちでツアーに参加していくことになります。 スノボのツアーは、高速バスで行くパターンと新幹線でいくパターンに大きく分かれます。高速バスで行くパターンも新幹線でいくパターンも夜出発のタイプがあります。新幹線の場合であれば料金は多少高くなりますが、現地に到着する時間が早くなるため、非常に便利です。

深夜出発する場合に気をつけたいこと

現在のところバスの方が人気があります。高速鉄道の場合は、夜行列車が走行していないため、どれだけ遅くても23時30分以降に到着する列車はほとんどありません。そのため、現地に到着してからは、宿泊先にとどまるか、駅で一晩泊らなくてはいけなくなります。 結果的に、バスの方が人気が出るでしょう。バスの場合であれば、夜中の12時ごろ出発し、途中でパーキングエリアに泊まり休憩をしながら、朝の5時からの9時頃に到着することになるでしょう。結果的に、十分に睡眠をとることもできます。また、料金が非常に安いため学生でも気軽に利用することができます。このように、バスを使ったツアーが人気なのは納得できるでしょう。ですが、高速列車に乗車してスキー場に行く手段も根強い人気があります。

高速列車を利用する人の客層を考える

夜発の高速列車はありませんが、現地による到着すれば、野宿をすることで朝を迎えることも可能です。ですが、学生以降になるとなかなかそこまで考える人もいないでしょう。そこで、深夜まで空いている宿泊先を訪れ、そこで一晩泊るようにすれば、朝すっきりした状態でスノーボードを楽しむことができるでしょう。少なくとも高速バスの中で寝るよりはすっきりした状態になるでしょう。 夜発のメリットは、社会人などが仕事で遅くなった時に利用することができることです。学生時代と異なり、社会人は週末も仕事に追われている人が少なくありません。そのような人たちがスノーボードをしたいのであれば、夜出発の高速列車に乗ることで、時間を有効に使うことができます。最近は高速鉄道の中でもWi-Fiを利用することができるためパソコンでインターネットが利用できるので便利です。

ピックアップ記事

夜発の新幹線を利用してスノボに行く

現在若者の間でスノボは人気があります。かつてはスキーの人気が高かったですが、服装や滑っている恰好などがおしゃれなことから若者に人気が出るようになりました。大阪や東京に住む人たちが、スキー場に行くために...

スノボレンタルと新幹線利用で楽々ウィンタースポーツ

冬になるとスノボやスキー等、ウィンタースポーツをしたくなる人は多いと思います。そういった人にとって障害になるのが荷物の多さ、アクセスの悪さです。レンタルは手軽だけれどもデザインや品ぞろえ等不安に思う方...

新幹線へのスノボの持ち込みにあたって

新幹線にスノボを持ち込むことは可能です。スノボだけでなく、スキー板も担いで乗車できます。ただ、置き場がない場合がほとんどですから、置き場を確保しやすい指定席を押さえておくのがおすすめです。新幹線には、...

新幹線でスノボツアーの値段は安いのか

冬にウィンタースポーツをしようとすると、もちろんゲレンデまで行く必要があるのですが、これが一番のハードルといってもいいでしょう。車で行く場合は、人数が多ければかなり安くすませることもできますが、運転手...